とんとんのお庭

ドラゴンクエスト10 仲間モンスターブログ



仲間モンスター ねこまどう 特技検証やスキル振り

バージョン4.0でニャルプンテの成功率が上がったねこまどうの紹介です

バージョン4.5では主砲のメラゾーマとメラガイアーの威力が強化されました

最終更新 2019年4月6日(Ver4.5)

f:id:tontonsgarden:20171220040507j:plain

 

ねこまどうについて

ねこまどうの特徴

ねこまどうは炎属性のメラ系攻撃呪文のエキスパートで

こうげき魔力が容易に999に届くほど高い攻撃魔力が特徴です

 

武器 両手杖 防具 ローブ系
スカウトの書はモンスター酒場で500Gで買えます
スカウト場所はウェナ諸島の祈りの宿ルーラから

f:id:tontonsgarden:20171220011934j:plain

赤く囲ったあたりに生息しています

モンスター固有の耐性 炎耐性20%、封印耐性20%

 

Lv50+10のステータス

HP 355 MP 150 力 150 身守 195 攻魔 280 回魔 280 素早 230 器用 120 魅力 90 重さ 100

 

猫がペットとして広く親しまれている事や
スカウトの書の入手が容易で序盤に仲間にできることから
育ててる人が多いねこまどう

 

スキル振りでHPが上昇しないため、攻魔を削ってでもHPをケアしてあげないとすぐやられてしまう欠点があります

f:id:tontonsgarden:20171220021858j:plain

左が魔法使い 右がねこまどう

 

専用スキル

ねこまほうⅡ
3 毛づくろい MP10~MP16回復
7 身かわし率+5%  
12 にくきゅうパンチ 攻撃魔力依存ダメージと魅了
18 こうげき魔力+60  
25 さいだいMP+80  
32 ニャルプンテ 周囲の敵に眠りと守備力呪文耐性行動間隔低下
40 魔力かくせい 攻撃呪文のダメージ2倍
43 攻撃呪文耐性+5%  
48 行動時10%呪文アップ  
50 状態異常成功率アップ 状態異常成功率2倍

 

メラの心得Ⅱ
3 メラ  
7 こうげき魔力+40  
12 メラミ  
18 最大MP+50  
25 こうげき魔力+100  
32 メラゾーマ 主力炎属性攻撃呪文
40 メラ系効果+20 メラゾーマやメラガイアーのダメージ上昇
43 呪文暴走率+1%  
48 炎耐性+5%  
50 メラ系効果+5%  

ねこまほうⅡとメラの心得Ⅱは10回目の転生から使えます

両手杖の極意
3 こうげき魔力+30  
7 悪魔系威力5%  
12 早詠みの杖 呪文発動速度+50%
18 MP吸収率+5% 杖で殴った時に適応
25 悪魔系威力5%  
32 こうげき魔力+30  
40 復活の杖 味方を一人蘇生 開幕CT30秒、CT60秒

両手杖の極意は7回目の転生から

メラの極意
3 こうげき魔力+20  
7 さいだいMP+45  
12 メラ系効果+5%  
18 こうげき魔力+80  
25 メラ系効果5%  
32 たまにMPせつやく MP消費しない率+10%
40 メラガイアー 炎属性攻撃呪文 開幕CT30秒、CT60秒

メラの極意は8回目の転生から

f:id:tontonsgarden:20171220032534j:plain

あまり見かける場面がない毛づくろいをしているところ

 

にくきゅうパンチの性能

メラゾーマより威力の低いにくきゅうパンチはAIだと使ってくれませんが調査してきました

敵の守備力を無視する無属性攻撃で
ダメージ計算式は(こうげき魔力-150)×0.14+42

 

ダメージキャップはこうげき魔力999で154~166ダメージ
魅了成功率は効きやすい敵に34/100
状態異常成功率アップ有りで66/100という結果でした

きようさはねこまどうの標準的な207で調査しました

レンジャーのてなづけると魅了成功率が同じらしいです

f:id:tontonsgarden:20171220072530j:plain

パフン という可愛らしい音が出るもはやご褒美

 

ニャルプンテの効果

ねこまどうの最大の特徴とも言えるニャルプンテ
効果範囲はねこまどうの周囲で広く
状態異常眠りに加え守備力呪文耐性行動間隔一段階低下させます

 

バージョン4.0で状態異常成功率アップスキルの追加により弱体成功率が2倍になり


守備力低下の効果が

▼1 敵の守備力70%

▼2 敵の守備力60%


呪文耐性低下の効果が

▼1 呪文ダメージ1.4倍

▼2 呪文ダメージ1.6倍


行動間隔延長の効果が

▼1 敵のターンチャージまで1秒延長

▼2 敵のターンチャージまで1.5秒延長


に効果が引き上げられたことがさらに追い風となっています

 

作戦ガンガンいこうぜではニャルプンテを使わないので、

バッチリがんばれ にするとメラゾーマの攻撃魔法主体でたまにニャルプンテします

いろいろやろうぜ にするとかなりの頻度でニャルプンテを連射します

f:id:tontonsgarden:20171220224010j:plain

背後にも届く広い範囲

 

ニャルプンテの成功率

雑魚モンスターでは100%状態異常が入ってしまうので
耐性の高いアラグネ強に100回ニャルプンテを使ってみました
眠り耐性、守備力低下、耐性低下、行動間隔延長はどれもやや効きにくい▼(25%)攻略本調べ

 

結果
眠りが入った回数は51/100回
守備力低下 100/100回
呪文耐性低下 60/100
行動間隔延長 100/100回

かなり高い状態異常濃度であることがわかりました

耐性ふつう(50%)の相手には確実に全て効くということになります

 

調査方法はこうげき魔力1024、きようさ207で

ねこまほうⅡ 50Pの状態異常成功率アップスキルを習得してます

 

攻略本では敵の耐性が上がらない特技として扱われていますが

二発目からは守備力低下にミスが出ましたので

敵に耐性が付かない初撃のみで計測しています

 

眠りの成功率が高く、さくせん『いろいろやろうぜ』では連射が可能なので範囲眠りが有効な場面で活躍できるかもしれません

 

早詠みの杖と詠唱速度

両手杖の極意12P 早詠みの杖の特技は呪文の詠唱時間を50%減らします

効果時間は120秒

 

例えば早詠みの杖(呪文発動速度+50%)を使い、呪文発動速度錬金+18%の装備を着けていた場合は詠唱時間が68%短縮されます

 

呪文は呪文詠唱時間を早くすることで最短1秒で呪文を唱えることができます

メラゾーマとメラガイアーは元の詠唱時間が3秒です

 

メラゾーマとメラガイアーを1秒で詠唱するためには

早詠みの杖を使い呪文発動速度錬金18%を着ける必要があります

 

しかし

早詠みの杖はねこまどうのさくせん『ガンガンいこうぜ』、『バッチリがんばれ』では使ってくれません

早詠みの杖を使う場合はバトルロード内で自分が操作して使用するか、

さくせん『いろいろやろうぜ』にする他ありません

 

『いろいろやろうぜ』では魔力かくせいを使わずにメラゾーマを放ってしまうこともあるため

AI操作時は早詠みの杖を習得させず両手杖と腕装備の錬金で呪文発動速度を上げたほうがいいと思います

 

メラゾーマの威力検証

バージョン4.5のアップデートによりメラゾーマとメラガイアーの威力が上方修正されました

 

メラゾーマのダメージ計算式

(攻魔 - 288)× {\frac{322}{711}} + 158 乱数±6

 

メラガイアーのダメージ計算式

(攻魔 - 416)× {\frac{450}{583}} + 480 乱数±23

 

詳細については別のページで紹介しています

 

神速メラガイアーの攻撃魔力キャップ

メラゾーマとメラガイアーは攻撃魔力999以上はダメージが上がらなくなります
では神速メラガイアーはどうなのか?という疑問が生まれたので調べてきました

f:id:tontonsgarden:20171221084404j:plain

 

左が攻魔999                                                       右が攻魔1464

残念ながら攻魔1000以上は無駄ということになりました

神速メラガイアーは単純にメラガイアー3発分と思いきや若干メラガイアーのほうが

単発ダメージは上でした

 

こちらで細かく調査しています

 

メラ系効果+のスキル

メラの心得Ⅱ 40P メラ系効果+20%スキルなどは習得をすれば常にメラゾーマやメラガイアーのダメージを底上げしてくれる重要なスキルで

このスキルのおかげで魔法使いよりも威力の高い攻撃呪文が放てます

 

メラの心得Ⅱ メラ系効果+20%+メラ系効果+5%

メラの極意 メラ系効果+5%+メラ系効果+5%

で20+5+5+5=35%

メラ系呪文のダメージが1.35倍になります

 

メラ系効果+のスキルは魔力かくせいと同じ強化枠扱いなため

魔力かくせい200%にメラ系効果+35%を組み合わせると

メラ系効果+35%の分は魔力かくせいで倍化されず

魔力かくせい200+メラ系効果35でメラ系呪文のダメージが2.35倍になります

 

バトルロードでメラゴースト金バッジを装備した場合は

魔力かくせい200+メラ系効果35+メラゴーストバッジ20で2.55倍になります

 

魔力かくせいとニャルプンテのスキル習得を諦めて

メラの心得Ⅱとメラの心得とメラの極意を習得することで

魔力かくせい200+メラ系効果55+メラゴーストバッジ20で最大2.75倍まで上げられます

 

バトルロード内でのねこまどうの呪文ダメージ

メラゾーマ 1462~1499ダメージ

メラガイアー 2798~2940ダメージ 開幕CT0秒 CT60秒

神速メラガイアー 2428~2570×3回ダメージ(計7497ダメージ) 開幕CT30秒 CT120秒

(こうげき魔力999+メラ系効果35%、メラゴースト金バッジ20%、ソポスのころもセット効果5%、智謀のネックレス炎3%、戦神ベルト両手杖炎13%込み)

 

バトルロード レジェンドバッジ効果

f:id:tontonsgarden:20171221091710j:plain

暴君バサグランデ虹

毛づくろい MP10~16回復 → MP20~32回復(回復量+100%)

にくきゅうパンチ 154~166ダメージ → 308~332ダメージ(ダメージ+100%)

Sランクは魅了無効の敵が多すぎます

ニャルプンテ → たぶん成功率+10%程度?(状態異常成功率アップスキルと合わせて+210%)

どれもパッとしません(´・ω・`)

賢者ホーロー虹

強力な神速メラガイアーを習得できます

開幕CT30秒、CT120秒

キマイラロード金

HP補正と開幕テンションバーンで耐久力と火力底上げ用

AIはマホカンタを使ってくれません

 

開幕にテンションが1段階上がったメラガイアーが撃てる可能性があります

キラーマシン金

10%の確率で2回攻撃できる効果はメラゾーマ(攻撃呪文)には適応されません

 

スキル振り例

ニャルプンテねこ

ねこまほうⅡ 50P、メラの心得Ⅱ 50P、メラの極意 40P、HPアップ 12P

ニャルプンテと攻撃魔法を組み合わせて戦います
さくせんは『バッチリがんばれ』で

試練の門のやまたのおろちやコインボスの悪霊の神々、グラコス強の仲間呼びなど
眠りに弱い相手の身動きを封じられます
魔法使いですらHP600に到達する時代にHP470程度での運用となり、かなり脆いのが難点です

バトルロード用ねこ

ねこまほうⅡ 50P、メラの心得Ⅱ 50P、メラの極意 40P、HPアップ 12P

魔力かくせいをしてメラ系の呪文で攻撃する普通のねこまどう
早い呪文発動速度を生かしザオリクも習得して蘇生要員にもなります

金バッジ メラゴースト(メラ系効果+20%と呪文発動速度+15%)、デスプリースト(ザオリク習得と呪文発動速度+15%)、キマイラロード(開幕テンションバーン)orフレイム(ステータス補強)
光バッジ ダストン光(HP+100)orザンクローネ光(HP+100+SHTになれる必殺)
虹バッジ ホーロー虹(神速メラガイアー習得)

さくせんは『ガンガンいこうぜ』で運用します
ダークドレアム戦など密集して範囲攻撃を巻き込まれたくない場面や
設置技が多いダークレアリズム戦では遠距離攻撃が有利です
自分で操作する場合はニャルプンテで敵の呪文耐性を落とせます

ゼルメアで拾ってきた適当なソポスのころもでも攻撃魔力999に余裕で到達します

ベルトは両手杖炎で他のアクセサリーはHPを重視しています

自分で操作する場合のみ

ザンクローネバッジの必殺技でスーパーハイテンションになり

メラガイアーや神速メラガイアーを組み合わせて大ダメージを狙えます

 

ダストン光バッジを装備すれば状態異常成功率アップスキルにより成功率の上がったスキャンダルが使えます

 

開幕はニャルプンテではなくスキャンダルを使っていきます

ニャルプンテはボス一体になった時の呪文耐性低下用に使います

 

ねこまどうの特徴であるニャルプンテを開幕に使うと
眠りが無効なボスが多くボス本体は寝ませんが、お供の取り巻き達は全員眠ります
そうなると他のサポ達は眠った敵を起こさないように開幕からボスを殴りに向かってしまうため
雑魚の処理に時間がかかり余計に難易度が上がってしまうので注意が必要です

 

バトルロード用HP重視ねこ

ねこまほうⅡ 48P、メラの心得Ⅱ 40P、メラの極意 40P、HPアップ 25P

上記で紹介したふつうのねこまどうよりもHPを重視したタイプ
こちらは自分で操作しないためニャルプンテを使わせず
さくせんを『ガンガンいこうぜ』で運用しAIに操作をまかせます

金バッジ メラゴースト(メラ系効果+20%と呪文発動速度+15%)、デスプリースト(ザオリク習得と呪文発動速度+15%)、マドハンド(HP補強と呪いガード100%)orフレイム(ステータス補強)などHPを補強できるバッジ
光バッジ ダストン光(HP+100)
虹バッジ ホーロー虹(神速メラガイアー習得)

メラゾーマを撃ち続ける固定砲台になってもらいます
時間差で動き出すボスにはランダム対象の神速メラガイアーが使えません
メラ系効果5%スキルを一つ取っていないためメラゾーマのダメージが29下がります

杖と腕に呪文発動速度錬金を着ければ

メラゴーストとデスプリーストバッジの呪文発動速度+30%と合わせて

早詠みの杖の効果がなくてもメラゾーマの詠唱時間が最短1秒に届きます

ザオリクの詠唱時間は1.2秒程度

 

HPを重視する理由

HPが低いとどうしても死にやすくなります

死んで起き上がって魔力覚醒をして魔法を数発撃って
また死んで起き上がって魔力覚醒の繰り返しでは火力が出せないどころか
蘇生行動に味方のターンを消費してしまいPT全体での火力が落ちてしまいます


回復役に蘇生をしてもらった場合は安定性を欠いてしまいます
これが全滅の引き金となり戦闘難易度が上がる要因になります

火力役というのは特大ダメージを出すことが重要なのではなく
ダメージを継続的に与え続けられるかが重要です


そして1度死ぬと秒間ダメージ効率というものはガクっと落ちてしまいますので

優秀な火力役を目指すには倒れてはいけません

 

ねこまどうの注意点

ありがちな間違いとして

こうげき魔力を上げれば上げるほど攻撃呪文が強力になると思い込んでいる人が多くいます

 

とくにねこまどうはゼルメア産の適当なローブを着させただけでも

攻魔1000を上回り、もっと数値を高めてみたい好奇心に駆られます

 

表示上では1500まで上げられますが、こうげき魔力の数値が反映されるのは999までです

こうげき魔力1000以上は全く意味がありません

 

バトルロードSランク 炎耐性がある敵リスト

バズズ強
キラークリムゾン
キングヒドラ強
ダークネビュラス
伝説の三悪魔・闘
バラモス強(バラモス強+バラモスブロス強)
魔幻の芸術家(邪神の宮殿の大魔王マデサゴーラ)
輪王ザルトラ

 

バトルロード用対レグナードねこ

くわしくはこちらで→レグナード用ねこまどう

f:id:tontonsgarden:20171221133054j:plain

バージョン4.5アップデートによりメラゾーマが強化されたおかげで

メラゾーマのダメージが一発300程度上がりだいぶ改善されました

 

ねこまどうは長距離から攻撃できる利点を生かす使い方をするといいと思います

以上、ねこまどうの紹介でした