とんとんのお庭

ドラゴンクエスト10 仲間モンスターブログ



仲間モンスター キラーマシン 特技検証やスキル振り

青いフォルム、そしてDQシリーズ経験者に人気の

キラーマシンについて考察していこうと思います

 

最終更新2020年1月30日(Ver5.1)

ドラゴンソードについてと

業炎の大剣ぶんまわし型

Aぺち会心型追記

キラーマシンについて

キラーマシンの特徴

HPが低く、攻撃力と守備力が高い前衛火力モンスター

仲間モンスター界のバトルマスター

 

自己バイキルト、ロストアタック、テンション消しなど便利な小技が揃っていて

スキル習得により常時二回行動できるところが魅力です

 

武器 両手剣 防具

スカウトの書はモンスター酒場の道具屋にて4000Gで買えます

スカウト場所はバージョン4.2マップ辺境の雪山・太古の氷穴前から東へ行った場所がシンボルが多くオススメです
モンスター固有の耐性 眠り混乱マヒ幻惑おびえ笑い踊り10%、毒100%

 

Lv50+11のステータス

HP 488 MP 179 力 247 身守 333 攻魔 130 回魔 108 素早 210 器用 201 魅力 210 重さ 183

HPは前衛としては低め

攻撃力が高く、常時2回行動なので火力があります

ぶんまわし2回行動がとても強く優秀です

 

専用スキル

Fフォーム
3 ボミオスラッシュ 0.8倍の周囲攻撃+ボミエ50%
7 さいだいHP+20  
12 コードゼロ 怒り解除+テンションを0へ戻す 激怒は解除不可能
18 すばやさ+60  
25 ロックオン 自己バイキルト+会心率10%アップ
32 ちから+25  
40 真マヒャド斬り 2.5倍氷属性ダメージ+おびえ50%
43 ボミオスラッシュ+30  
48 行動時10%ロックオン 行動時10%でバイシオンか会心率10%アップ
50 真マヒャド斬り+100  

 

Aガジェット
3 スタンアロー 1.1倍のダメージ+マヒ25%
7 ちから+10  
12 さいだいMP+50  
18 ブラストビーム 攻撃力依存の守備力無視の範囲攻撃+守備力一段階ダウン
25 かいしん率+5%  
32 みのまもり+80  
40 ときどき2回行動 50%の確率で追撃
43 スタンアロー+30  
48 マルチポッド 敵を倒すごとにMP5回復 (勝ちどき宝珠効果)
50 ブラストビーム+100  

FフォームⅡとAガジェットⅡは10回目の転生から使えます

両手剣Ⅱ
3 こうげき力+20  
7 ドラゴンソード ドラゴン系モンスターに1.5倍+5ダメージ
12 こうげき力+30  
18 ぶんまわし 1.68倍の周囲5m攻撃
25 武器ガード率+5%  
32 こうげき力+50  
40 渾身斬り 平均2.75倍のダメージ
43 ドラゴンソード+175% ドラゴン系モンスターに3.25倍+5ダメージ
48 ぶんまわし+40% 2.352倍の周囲5m攻撃
50 渾身斬り+25% 平均3.4375倍のダメージ

両手剣Ⅱは11回目の転生から使えます

両手剣の極意
3 ちから+25  
7 ドラゴン系威力+5%  
12 ビッグバン  (攻撃力-200)×0.275+680の範囲攻撃 開幕CT25秒 CT60秒
18 武器ガード率+5%  
25 ドラゴン系威力+5%  
32 こうげき力+30  
40 全身全霊斬り 平均4.0倍のダメージ 開幕CT30秒 CT65秒

両手剣の極意は7回目の転生から

マシンソウル
3 すばやさ+40  
7 さいだいMP+45  
12 ぼうぎょバリア 周囲の守備力+呪文耐性を1段階アップ 開幕CT10秒 CT60秒
18 さいだいHP+30  
25 みのまもり+60  
32 ときどき2回行動 50%の確率で追撃
40 マイクロブラスター 守備力2段階ダウン 開幕CT10秒 CT45秒

マシンソウルは8回目の転生から

5m中距離射程攻撃のスタンアロー

仲間モンスターで唯一呪文耐性を上げられるぼうぎょバリア

2018年5月30日 呪文耐性を上げられるミステリドールが追加されました

 

キラーマシンのAI

キラーマシンは一つの特技を連打してくれるわけではないのでいろいろ調べてきました
 
作戦ガンガンいこうぜ では
真マヒャド斬り27、渾身斬り53、ブラストビーム20の割合で使用します
通常攻撃45、真マヒャド斬り30、ブラストビーム25
 
渾身斬りのみの場合は渾身斬りを100%使用します
 
通常攻撃と真マヒャド斬りは50:50の割合で使用します
 
作戦いろいろやろうぜ では
通常攻撃と真マヒャド斬りは30:70の割合で使用します
 

バージョン4.0で強化されたブラストビーム

ブラストビームは攻撃力依存、守備力無視の前方範囲攻撃で

守備力一段階ダウンさせることができます

 

攻撃力キャップは550で414~426ダメージ

AガジェットⅡ50P ブラストビーム+100を取ると最大514~526ダメージ

 

バイキルトも適応されるのでLv90台の両手剣を持てば

ダメージキャップには楽に届きます

 

4.0で強化された守備力一段階ダウンの成功率は

耐性ふつうに効く(50%)相手に72%成功しました

 

マイクロブラスター

マイクロブラスターは攻撃力依存、守備力無視の前方範囲攻撃で

ダメージキャップは650~670ダメージ守備力2段階ダウンの開幕CT10秒 CT45秒

 

守備力ダウンの成功率も高いのでマイクロブラスターがあれば

ブラストビームは使う必要はないと思います

マイクロブラスターの射程はバージョン4.3から8mになりました

 

真マヒャド斬りについて

真マヒャド斬りは氷属性の2.5倍ダメージを与える特技でおびえ値は50%あります

2回行動ができるためか

攻撃モーションが遅く設定されていて発動まで2秒かかります

 

消費MPが7と燃費が悪く、

AIは毎回必ず使用してくれるわけではありません

 

おびえ効果が付く割りに状態異常錬金や状態異常バッジの効果が乗ります

 

おびえにかかっても敵の耐性が上がらず連続でおびえを与えることもあります

 

真・マヒャド斬りと渾身斬りの比較

単純なダメージソースでは

 

真・マヒャド斬りは2.5倍+100ダメージ

発動まで2秒 消費MP7

 

渾身斬りは特技倍率3.43倍

発動まで1.5秒 消費MP3

 

AIが毎回使用してくれる渾身斬りに軍配が上がります

 

真・マヒャド斬りはたびたび敵を怯えさせてくれるところが魅力です

 

バトルロードではどちらも1999のダメージキャップに到達します

 

真・マヒャド斬りとAぺち通常攻撃の手数の差

すばやさ496で

一分間に渾身斬りの2回行動は12回

 

同じ素早さの通常攻撃は11回

行動間隔0.5秒短縮の通常攻撃連打は12回

行動間隔1.5秒短縮+すばやさ+150では15回

 

渾身斬り2回は攻撃モーションが長いため

すばやさの影響が小さく

 

通常攻撃は攻撃モーションが短いため

すばやさや行動間隔短縮やターン消費しない率

の影響が大きくなります

 

ちなみに真マヒャド斬りも一分間に12回撃てます

 

ドラゴンソード

両手剣Ⅱスキルラインで追加された聞き慣れない特技

性能はドラゴンスラッシュと同じでした

 

ドラゴン系の敵に対して1.5倍+5ダメージ

 

両手剣Ⅱ 43P ドラゴンソード+175%を習得すると

ドラゴン系の敵に対して3.25倍+5ダメージ

 

両手剣の極意のドラゴン系威力+5%を二つ取ると

ドラゴン系の敵に対して3.35倍+5ダメージ

 

さらにドラゴン系9%ベルトをつけると

ドラゴン系の敵に対して3.44倍+5ダメージ

 

渾身斬りは特技倍率3.96倍

発動まで1.5秒 全体硬直4.5秒

 

ドラゴンソードは発動まで0秒全体硬直2.6秒

ターンチャージが早くて硬直も短い

2回行動のキラーマシンと相性ばつぐんです

 

今後はドラゴン系狩り用サポとして活躍できると思います

 

キングヒドラ強を自キャラツメレンジャー

戦士サポ、キラーマシン、僧侶サポの構成で挑み

討伐時間1分で安定して周回できました

 

ドラゴンスラッシュ+175%

は文字数的に長すぎて

インターフェイスからハミ出てしまうので

苦肉の策で特技名を変更したものと予想できます

 

サポート仲間としての火力

棒立ちでベリアル並をサポ1人で殴り倒した時のクリアタイム

キラーマシン 1分20秒45

バトルとんとん 1分10秒52

 

さすがにバトには及ばず

 

バトルロードでのCT変更

ブラストビーム CTなし 開幕CT0秒 CT30秒
ビックバン 開幕CT25秒 CT60秒 開幕CT0秒 CT60秒
全身全霊斬り 開幕CT30秒 CT65秒 開幕CT0秒 CT90秒
ぼうぎょバリア 開幕CT10秒 CT60秒 開幕CT0秒 CT60秒
マイクロブラスター 開幕CT10秒 CT45秒 開幕CT0秒 CT45秒

ブラストビームがCT技に変化し、全身全霊斬りが弱体化します

 

バトルロード虹バッジ効果

悪魔長ジウギス虹

スタンアロー 1.1倍のダメージ → 2.2倍のダメージ(+100%)

ブラストビーム +300%

マイクロブラスター +250%

 

ブラストビームが1242~1275ダメージ CT30秒

マイクロブラスターが1632~1672ダメージになります CT45秒

ただしどちらもCT付きで連射はできません

ヘルバトラー虹

真マヒャド斬り 2.5倍氷属性ダメージ → 3.25倍氷属性ダメージ(+30%)

ボミオスラッシュ 0.8倍の周囲攻撃 → 1.6倍の周囲攻撃(+100%)

ぼうぎょバリア 周囲の守備力+呪文耐性を2段階アップ

 

真マヒャド斬りが主力の戦い方をできるようになったり、

弱体乗せボミオスラッシュが強くなったり、

攻撃呪文を40%軽減させて味方を守ったりといろいろ用途があります

 

魔勇者アンルシア虹バッジ(氷攻撃ダメージ+15%)よりも強力なバッジです

ダークドレアム虹

Aぺち会心型用

勇者姫アンルシア虹

業炎の大剣強化用

 

スキル振り例

バトルロード用 真マヒャド斬り型(自分で操作専用)

FフォームⅡ 50P、AガジェットⅡ 40P、両手剣 12P、マシンソウル 40P、両手剣の極意 12P

真マヒャド斬りを主力に据えるバトルロードで自分が操作する限定のメインアタッカータイプです
キラーマシンの能力を最大限に引き出すことができる多彩な特技の数で
ぶんまわし型よりHPが高く単体攻撃に特化しており
こおりつかせる効果を狙えます

ぼうぎょバリアは味方全体の呪文耐性を40%上げます
コードゼロで怒りとテンション解除
威力は高くありませんがボミオスラッシュとビックバンでの範囲攻撃
マイクロブラスターで守備力を二段階下げて真マヒャド斬りの威力を上げるなどいろいろできます

金バッジ
スカルゴン(氷特技+20%)
ギガンテス(HPと攻撃力補強)
自由枠

光バッジ
トビアス
マイユ

虹バッジ
ヘルバトラー
(真マヒャド斬りの威力強化)

自由枠はリュウイーソーおばけトマト(攻撃時ヘナ幻惑)など
サポで操作させる場合は機能しないので別なスキル振りにしてください
サポートモンスターにも登録しないでください
氷耐性がある敵に注意してください

武器は業炎の大剣や覇王の大剣など種類を選びませんが

両手剣氷の戦神のベルト

もしくは氷特技輝石のベルトを装備させてあげてください

真マヒャド斬りは1999ダメージを連発し

常時二回行動で8秒間に4000ダメージを与えます

真・マヒャド斬りには

防衛軍産のパルプンテ効果付き両手剣や

おばけトマトバッジのヘナトス幻惑効果などの攻撃時状態異常も乗ります

どんなに敵に耐性があろうとお構いなしに

行動停止効果を入れられるところが最大の魅力です

ぼうぎょバリアを使えば2分間味方の呪文耐性が40%上がるので

マデサゴーラやイーギュアとの戦いで重宝します

 

バトルロードSランク 氷耐性がある敵リスト

牙王ゴースネル 75%
震王ジュノーガ 75%
輪王ザルトラ 75%
バズズ強 70%
キングヒドラ強 50%
グラコス強(グラコス強+グラコス5世)50%
死の悪夢(ドレアム道中のワイトキング)50%
伝説の三悪魔・闘 50%
バラモス強(バラモス強+バラモスブロス強)50%
魅惑の女子会(グレイツェル+ジュリアンテ強)50%
りゅうぐう王 50%
メガンテロック(緑)(ダークレアリズム)40%
スライムマデュラ 無効

 

業炎の大剣 ぶんまわし型(サポート仲間用)

FフォームⅡ 32P、AガジェットⅡ 40P、両手剣Ⅱ 50P、両手剣の極意 3P、マシンソウル 32P

サポに操作させる事を目的としたぶんまわし主体で戦うメインアタッカー

フィールド狩りで使う場合はロックオンを削って
Aガジェットのマルチポッド(勝どき宝珠効果)に振り替えてください

金バッジ
おばけキャンドル(炎特技+20%)
ダッシュラン+スカルゴン(氷属性付与+氷特技+20%)
もしくはキマイラロード+バトルレックス(光属性付与+光特技+20%)

光バッジ
トビアス光
フウラ光
マイユ光

虹バッジ
勇者アンルシア(炎攻撃+15%、光攻撃+15%)

『ガンガンいこうぜ』ではぼうぎょバリアとコードゼロは使いません

一応行動キャンセルして回避行動をとってくれますが
2回行動のため範囲攻撃の被弾が少し多いところが欠点

業炎の大剣と両手剣炎の戦神のベルトを装備します

 

氷属性か光属性を二つ目の属性として付与させることで

炎耐性が高い敵にもある程度高いダメージを維持可能です

ぶんまわしでも1999のダメージキャップに届く

おそろしい範囲火力で敵をまとめて殲滅します

 

バトルロードSランク 炎耐性がある敵リスト

バズズ強
キラークリムゾン
キングヒドラ強
ダークネビュラス
伝説の三悪魔・闘
バラモス強(バラモス強+バラモスブロス強)
魔幻の芸術家(邪神の宮殿の大魔王マデサゴーラ)
輪王ザルトラ

 

バトルロード用 Aぺち会心型

FフォームⅡ 48P、AガジェットⅡ 40P、両手剣Ⅱ 32P、両手剣の極意 7P、マシンソウル 32P

会心率を高めて通常攻撃を連打するキラーマシン
通常攻撃だと二回行動が短い攻撃モーションで済む事を利用した型です

攻撃モーションが短く敵の範囲攻撃を避けやすい
会心の一撃は守備力無視の必中
MPの心配がないなどメリットがあります

ロックオン以外のすべての特技を封印すればサポ操作でも問題ありません

金バッジ
ギガンテス(会心率6%)
プリズニャン(会心率5%)
ガニラス(会心率+5%と氷耐性20%)orひとくいサーベル(会心率+5%と武器ガ率5%)

光バッジ
フウラ(行動間隔を短縮)
マイユ(攻撃力補強とウォークライ必殺)
ヒューザ(必殺技でほぼ確定会心)

虹バッジ
ダークドレアム(行動間隔を短縮)
ゴースネル(会心時ダメージ+100)

バッジ補正ありきなのでバトロ外では貧弱です
FフォームⅡ 48P 行動時ロックオン10%は
10%の確率で会心率10%UPかバイシオンのどちらかの効果が付きます

ちからアップスキルラインの会心率5%を
両手剣Ⅱの攻撃力+50に回した結果
ダメージ期待値はほぼ同じで武器ガード率+5%が余分に取れました

スキルで会心率+5%、バッジで会心16%、ロックオンで会心10%

腕の錬金値も含めれば大体会心率40%

 

ターンチャージを待つことになるので死神のピアスとも相性良好

 

バージョン5.1のアップデートで能力値強化が行われて

HP最大値の心配がなくなりました

通常ダメージは500、会心ダメージ1200

1撃あたりのダメージ期待値は大体1400ダメージ

ダメージキャップに悩まされないので

味方にフォステイルバッジ必殺などで支援してもらうと効果的です

 

マイユバッジとフウラバッジのDPS

  自分で操作 サポが操作
ロックオン 無し 有り 無し 有り
マイユ 364 420 295 340
フウラ 433 501 353 408
業炎の大剣 489 565 398 460
業炎 敵炎耐性50% 272 315 222 256

覇王の大剣 攻撃力1014 会心率27.56% 敵守備力460

 

ターンチャージ

フウラ3.27秒 サポ4.01秒

マイユ4.19秒 サポ5.16秒

での比較

 

ランダム要素が大きいマイユ必殺と

行動時10%でロックオン(会心バフ)は考慮していません

 

業炎の大剣(属性付与)でのAぺち会心型

業炎の大剣持ちの場合は両手剣炎ベルトとセットで運用します

 

炎耐性を持つ敵や

属性攻撃無効のスライムマデュラが苦手となり

汎用性を失う代わりに火力が上がります

 

おばけキャンドルバッジは炎特技+20%なので効果なし

 

勇者姫アンルシア(炎攻撃+15%)よりも

ダークドレアム虹バッジのほうが強くなります

コメントでいただいた情報ですが

ガーゴイル(風属性付与)+リィン(風攻撃+25%)+両手剣風ベルト

を付けたほうが炎属性特化で攻めるよりも強くなりました

 

渾身斬り型とAぺち会心型どちらが強いのか

真・マヒャド斬りと渾身斬りは1999ダメージを一分間に12回出せます

通常攻撃型は期待値1640ダメージを一分間に15回出せます

自分で操作すると通常攻撃を18回出せます

 

1分間に与えるダメージの総量

渾身斬り 24000

通常攻撃型 24600

自分操作通常攻撃型 29520

 

真マヒャド斬りと渾身斬りは1999ダメージで

ダメージキャップを向かえてしまっている一方で

Aぺち会心型は今後の伸び白があります

 Aぺちデバフ型も試してみたのですが

会心が出ないAぺちは悲しいほど弱かったので没になりました

 

ですのでメイン火力としてのキラーマシンの紹介のみとなります

バッジを揃えて真価を発揮する大器晩成型ですが

キラーマシンは優秀なアタッカーです

 

範囲攻撃が必要になった時のぶんまわし要員や

ドラゴン系のモンスターを狩る予定の時に

是非連れていってあげてください